Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mitomogumi/mitomogumi.co.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

麦秋

明日は二十四節季の一つ、芒種。 6月に入り衣更えの時季を迎えた。

昨日は、毎年開かれるコンクリート業界の北陸地区会議のため金沢へ出かけた。
新潟県は立地から、東北、関越、信越、中部、北陸と様ざまな地域ブロックに分けられる。
北は青森、東は東京、西は福井、南は静岡と、組織の活動形態や管轄する役所の所在地
で変わる。 地域が重なる接点は、異文化が交わり文明の発達する場所でもある。

越後湯沢からほくほく線で、右手に日本海を眺めながら特急はくたかに乗る。 
富山県に入って暫らくすると黄金色の田圃が広がってくる、収穫期を迎えた麦畑だ。 
「麦秋」は、小津安二郎の映画のタイトルにもなったこの季節を表わす言葉だ。 
雪の少ない地方では、冬でも農作物を作れるので、麦を収穫した後に米や野菜を植える、
二毛作だ。

雪国の農業は、積雪期に土を休ませる。 そして充分な水を吸収した地面が、春には一斉に
起きだして作物を育てる。 半年寝かせた土からは、おいしい米や野菜が育つ反面、単作で
は農業経営は楽じゃない。 雪国の農業は、効率は悪いが品質は良い。
品質が良ければ高く売れるはずなのだが、ここのところの景気の悪化で売れ行きに翳りが
出ている。 それでも「魚沼コシヒカリ」は、中国や韓国でもブランドになっている。

金沢は北陸の小京都と呼ばれ、加賀百万石の風情を今に残す。 地方の中心繁華街に
〇〇銀座とか、△△通りと東京にある名前をそのまま付けた所は大体廃れた。
その点、全国に点在する小京都と呼ばれる所は、街並みはほぼ維持できている。
小京都と呼ばれるだけに、地域文化に根ざした町並みを残し、歴史を大切にしてきた努力
が窺われる。 古くて懐かしいものに、価値を感じる。

昭和46年の今日6月5日、西新宿に超高層ビルのはしり「京王プラザホテル」が開業した。 
淀橋浄水場跡地を新宿副都心として開発し、超高層ビル群が建ち並ぶ現在の西新宿。
当時、建築技術の最先端は高さを競いどんどん垂直展開した。 今では、品川や汐留など
超高層ビルは珍しくなくなった。 香港やマカオ、上海や台北からクアラルンプールなどアジア
の国々をはじめ、最近では中東のドバイでもタワーが多く建てられた。

こうした街が増えれば増えるほど、ヨーロッパの中低層の歴史的な町並みの価値が上がる。
日本でも、低層で水平展開している古くからの街並みに人々は惹かれる。
そもそも景観を維持するために、高さや色の規制を早くから掛けてきた先見は立派だ。
萩・津和野、角館や高山・・・。 共通するのは、便利さ快適さより景観を優先させ残して
ゆく覚悟が出来ている事。 目指す目的が具体的でなければ、行動は伴わない。

春の海 ひねもすのたり のたりかな  (蕪村)

返信

*
*
* (公開されません)