株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

本日閉店

♪ さくらさくら 今咲き誇る 刹那に散り行く運命と知って さらば友よ ・・・

新年度が始まった1日には、平年より早く新潟市ではさくらの開花が発表となった。
魚沼市内でも暖冬小雪の影響で、早くも開花している樹木も見られる。この時期で
積雪が無いから、その分気温も高く、豪雪地ならではの雪景色の中で開花する
雪上桜も今年は見ることができない。

入学式や入社式、新任式も縮小や分散、ビデオでの訓示など例年とは違う式典が
執り行われている。自然災害の度に、何時もと変わらぬ日常のありがたさを、
再認識するが、今年の式典は必ずや記憶に残る旅立として語り継がれるだろう。
尤も、地域によっては春からも休校が続き、新学期が始まらない学校もある。

先月末で、私たちが長年に亘りお世話になった柳原の居酒屋Kが閉店となった。
カウンター7~8席で、テーブル席が3卓、他に独立した板の間の個室には
囲炉裏が切られていた。30年ほどの営業だったので、開店当時私は30代
後半位だったが、よく通うようになったのは40代に入ってからだったと思う。

店名に洋風居酒屋という修飾語が付いていて、カウンターやテーブル席が
喫茶店のような設え故か?昭和40年代後半頃流行った「スナック」という
店の形式に近かった。メニューもスナックの定番、スパゲッティ・ナポリタン
やドライカレーなども有ったが、洋風というのは店で流れる音楽が由来だろう。

音源は開店当初レコードで、その後はMDやCDに変わったが、ジャンルはジャズ
からアメリカ・ヨーロッパのポピュラーが主流だった。近年は昭和歌謡などを
自虐的にかけたりもしていたが、次第に客層も固定化してきていたし、私を始め
口の悪い常連客の機嫌を取るのも疲れたのだろう。

現在、日本中いや世界中の飲食店が休業や閉店に追い込まれている。
この戦いがいつまで続くのか、当面は出口は見えてこない。マスターはこの
事態を予測して早々に閉店を決めたのかも知れない。このウイルスとの戦いに
勝利した暁には、再開店の折り込みチラシが入るかも知れない。

ひるもなほ 星みるひとの目にも似る さびしきつかれ 早春の旅 (賢治)