株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

暑い秋

♪ うす紅の秋桜が秋の日に 何気ない陽だまりに揺れている この頃 ・・・

今週も温帯低気圧に変わった台風18号が日本海を北上し、東北を横断して
太平洋へ抜ける。この所毎週末に台風が新潟県にも接近するが、幸い大きな
被害は出ていない。今日は響きの森公園で「食まち魚沼秋の陣・里山まつり」
が開催される。野外イベントは天候次第だから降らないでいてほしい。

もっとも魚沼は、谷川連峰が壁となり台風に向かって吹き込む南風を遮って
くれるので、暴風は吹かないし、雨もさほど降らない。同じ新潟県内でも
海岸に近いエリアは暴風雨にさらされるから、地形的に恵まれた地域といえる。
しかし、この地形が冬には豪雪を降らせる要因となるのも事実だ。

全国それぞれの地域でそれぞれの気候に順応し生きているから、沖縄などは
毎週のように台風の暴風雨にやられても、そう大きな被害は出ないが、この所の
集中豪雨には適応できない場所が続出している。「住めば都」とはよく言った
もので、雪対策が進んだ現代では魚沼は生活しやすい地域といえる。

台風の影響もあると思うが、10月というのに気温の高い日が続いている。
地球温暖化に結び付けると専門家は、地球の歴史を見れば氷河期もあったし、
気温の高い時期もあったから、そう単純ではないという。確かに長い地球の
歴史から見れば、人間の登場そのものが極く最近の事ではある。

先般、国連の気候変動サミットで、スウェーデンの少女グレタ・トゥーンベリ
さんの演説が話題となっているが、主張は分かるが感情的かつ批判的で新しい
提案は無かったと私は感じた。抗議手段としての毎週金曜日の学校ストライキ
も良い活動とは思えないし、誰かが彼女を利用しているようにも感じられる。

今日は11年目を数える「新日本プロレス魚沼大会」が堀之内体育館で行わ
れる。只見線では、新潟プロレスによる「プロレス列車」も運行される。
列車内でのパフォーマンスと只見駅前特設リンクで試合も行われる。
10月は毎週様々なイベントが行われ、美味しい楽しい時間が過ぎてゆく。

亡き父の ありし昔の声のごと 魚野川鳴る その声恋ひし  (柊二)