株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

E7系車両

今週水曜午後から木曜日にかけて、ほゞ1か月ぶりとなる本格的な降雪となった。

周辺の景色も春めいた暖色系から寒色系に変わり、季節が進むのを躊躇している。
戻ることがない時間の流れでも、季節の変わり目なら迷いながら行くのも悪くない。
例年今頃の時季、まだまだ雪は降るのだが、今年はここまで暖冬小雪だったから
少し気が緩んでいた。来週は春彼岸に入り本格的な春はすぐそこまで来ている。

本日、春のJRダイヤ改正に伴い、開業から37年目を迎える上越新幹線に新車両が
デビューする。北陸新幹線に採用されているグランクラス付きの「E7系車両」だ。
始めは一編成で上下往復5便から始まり、現在の「E4系」と徐々に入れ替わり、
2020年度末にはあのユニークな「MAXトキ2階建車両」が姿を消してゆく。

長距離鉄道が新幹線の時代になり、スピードと大量輸送を両立させた。
早くて静かで快適な乗り心地と、正確な運行時間で絶大なる信頼を得ている。
関門と青函の二つの海峡をトンネルで結んだことで、北海道から九州までの陸路
を席巻した。今や国内移動手段のトップランナーとなった。

今回のダイヤ改正に伴い、車内販売の廃止と扱い商品縮小の話題も入ってきた。
上越新幹線は維持するようだが、飲み物と簡単なスナックなどに限定し、弁当や
みやげ物は廃止するそうだ。列車旅の楽しみの一つは車内での飲食にある。
中でも駅弁や冷凍ミカンは鉄道ならではのオリジナル商品だ。

在来線の特急や急行の時代、食堂車が繋がれ食事時には多くのお客様で賑わった。
お盆や年末年始など、混雑するときにはずっと食堂車でビールを飲んでいたことも
記憶にある。列車は単なる移動手段でなく、時に語らい、食べ、時にゲームに
興じる動くレストランであり娯楽室でもあった。

車内販売も新幹線では乗車時間が短いこともあり、声をかけようか迷っている内に
あっという間に通り過ぎて行ってしまい、買いそびれることもしばしばだ。
駅が商業施設に変わり、なんでも駅で手に入るから簡単で便利になった。
しかし、その陰で失われてゆくのは「旅情」という代えがたい価値かもしれない。

君が着る えんじのコートにかすかなる 音にたつ程の淡雪のふる (柊二)