株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

終戦の日

♪ あした浜辺をさまよえば 昔のことぞ偲ばるる 風の音よ 雲の ・・・

新型肺炎の感染拡大により、政府から帰省や旅行を控えるよう呼びかけられ、
昨年に続き特別なお盆になりそうだ。お盆とお正月は故郷に帰り家族が集まる
大切な時間なのだが残念だ。ワクチン接種など条件を付して、移動を認める
ような方法も考えないと、精神的にも経済的にもウイルスにやられてしまう。

猛暑に悩まされた今夏も、台風9号通過後は秋雨前線か、梅雨前線の名残りか、
雨模様の天気が続き凌ぎやすい気候だ。お盆が明ければ、例年なら25日から
小出祭りが始まるのだが、新型肺炎禍により今年も祭事は全て中止となり、
清水川辺神社の神事、秋期例大祭が粛々と行われるのみとなる。

2020東京オリンピックの閉会式。新国立競技場への入場曲は57年前と同じ
古関裕而作曲の「オリンピック行進曲」だった。LEDビジョンに映し出された
「ARIGATO」の文字は、57年前電光掲示板に映し出された「SAYONARA」
から続く思いが表現されていて、良い演出だった。

最終日に行われた男子マラソンでは、期待された十日町市出身の服部勇馬選手が
熱中症のためか思う走りが出来なかった。30人もの選手が棄権した中で、最後
まで走り切った根性は称賛されたが、危険な賭けだった。あの状況では棄権して
当然だが、オリンピックの重圧か、期待の重さなのか、危険な挑戦を続けさせた。

明日8月15日は76回目の終戦の日だ。8月に入ると、広島・長崎に原爆が
投下された日の式典が行われ、被爆体験者が当時の惨状を語り繋ぎ、平和への
想いを新たにしている。年々戦争体験者が少なくなり、語り部が居なくなる事が
問題のように報道されるが、戦争は過去の出来事にしなければならない。

今でも世界各地で戦争状態が続く中で、一日も早く歴史上の記憶にさせたい。
戦争体験者が居なくなれば平和への希求が薄れるとしたら、それは、想像力の
欠如に他ならない。地球上から、戦争体験を語れる人が居なくなる世界を
みんなで創って行かなければならない。

ふるさとの 盆のまつりに離りつつ 今宵酒飲む 孤りを見るな (柊二)