株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

梅雨入り

♪ 化粧する君の その背中がとても小さく見えて 仕方ないから 僕は・・・

今週前半は気温の高い日が続き、小出では30℃を超え、県内最高気温を
記録した。天気予報で「魚沼では・・・」というのは小出の事で、夏は暑さ
で県内一になる日が多く、冬も最低気温を度々記録する。これは、小出の
地形によるところが大きく、周囲を山に囲まれた盆地であることが原因だ。

更に、東西南北を流れる川が小出で合流することから、風の流れも滞留する
からだ。気象台の自動観測計が、魚野川右岸の佐梨地区に設置されている
ことも原因の一つだ。この気候風土が良い農作物を育てることも広く知られ
ている。木曜日には、新潟県を含む東北南部まで、梅雨入りが発表された。

北陸地域の梅雨明けは平年で7月24日頃というから、これから40日余り
雨の季節となる。今年は東京オリンピック・パラリンピックの年だったから
7月23日が海の日、体育の日改めスポーツの日を24日に持ってきたから、
その後に続く土日で4連休となり、開会式も行われる予定だった。

学校の夏休みも予期せぬ休校の煽りで、短縮される方向だが、本来なら
オリンピックと夏休みが同時に始まる事になっていた。子どもたちにとって、
一生の思い出となる年回りだったが、別の意味で忘れられない年となった。
予定通りに運ばない、不自由な体験は必ずや将来への糧となるはずだ。

今週11日には、東京アラートも解除となり、今まで自粛要請されていた
遊園地、バー、カラオケ、パチンコなどが再開され、飲食店の営業時間も
午前0時迄延びた。欧米など諸外国では、日本の比ではない感染者数や
死亡者数となっているが、それでも通常の生活に戻りつつある。

ニューコロナ対策で、社会生活や経済活動に大きな影響が出ている。
その犠牲の効果もあり、感染者数も死者数も抑えられている。政府は
大型補正予算を組んで対応に当たっているが、こんなことは長続きしない。
より合理的な対策を考え、社会生活と防疫とが両立できる行動が急務だ。

♪ 窓の外は雨 雨が降ってる 物語の終わりに こんな雨の日 似合い・・・