株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

全国1位

荒れ模様の天気で春が足踏みをしていたが、来週は4月に入り新年度が始まる。

4月になると新入社員や新入生が入って来る、出会いの季節でもある。
新1年生が真新しいランドセルを担いで登校する姿が新学期の始まりを告げる。
日一日と気温も上がって雪解けも進み、フキノトウが顔を出す。
冬眠から目覚めたばかりのブナの木が新芽を吹いて活動を始める。

3月が送別会なら4月は歓迎会の時期となる。 なんだかんだでお酒を飲む
機会は絶えない。 新潟県は1人当たり清酒消費数量が全国1位だ。
新潟は酒どころで蔵元が90ヶ所を超えるし、端麗な飲み口が人気で
他所からのお客様も飲むからそうなのだろう。

県庁統計課の出す情報では、全国1位は他にも米の産出額や枝豆と茄子の
作付面積、それから百合やチューリップの産出額も1位。
米どころという事で、米菓や切り餅もそうだ。 煎餅や餅は魚沼でも作って
いるが、他県のものと比べるととても美味しい事が分かる。

ニットセーターや石油ストーブの出荷額も日本1だし、変わったところでは
離婚率の低さも1位だそうだ。 よほど我慢強い性格なのか、他に何らかの
原因が有るのか分からない。 神社の数も4763社で1番という事だが
30市町村にそんなに有るのかと不思議でもある。

我が建設業の従事者数も人口当たりでは1番だし、建設業の事業者数も
人口当たりで2位という。 中学校の男子は卓球部員数が1位で、女子は
バレーボール部員数が2位だそうだ。 県土が広いせいか夫の通勤時間も
往復54分で1位という事だ。

それが原因ではなかろうが、平日の平均起床時間が6時22分で2位。
肩こりの有訴者数も2位だそうだ。 こうして見て行くと暮らしや産業、
教育など様ざまな分野で全国1位が32項目もある。
何であれ1位というのは気分が良いものだ。

汽車の窓 はるかに北にふるさとの 山見え来れば 襟をただすも (啄木)

返信

*
*
* (公開されません)