株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

小正月

明日は15日の小正月だから、今夜は「鳥追い」の日に当たる。

「成人の日」の祝日が15日から、ハッピー・マンデーの第2月曜に変わってしまって
鳥追いや賽ノ神の行事を何時やるのか? 地域によってまちまちになった。 
私の子供の頃には14日の晩、近所の子供たちが集まって鳥追い行事としてかまくらを
造り、その中で餅を焼いたりカルタやトランプなどして遊んだ。

今年は明日15日がたまたま日曜だから、魚沼市まちづくり委員会の教育文化部会
では午後から小正月行事の伝承のため、子供向けに「小正月遊び」を行なう。
伝統行事をなんとか伝承し、そうした活動を通して子供たちが学び育つ。
考え方には大いに共感するし、そうした努力に敬意も表したい。

しかし日曜の昼、大人たちの主導によるこうした取り組みで、果たして子供たちは
主体的に楽しんで参加してくれるのだろうか? 子供たちだけでやったから、夜遊び公認
の日だから、大人には内緒で僅かばかりの酒を飲んだり、小銭を賭けて花札をしたり、
そんな事が楽しくてしょうがなかった思い出がある。

小正月の伝統行事がハッピー・マンデーによって、成人の日が変わった事で廃れて
しまったという意見を聞くが、私はそうばかりでは無いと思う。
今の制度では、成人の日は14日迄に必ず来るから15日は休日にはならない。
それでも続ける意志が問題で、休日であろうと平日であろうとやれば出来る筈だ。

なぜ1日が元日で、15日が小正月か? 太陰太陽暦では月の朔望で一ヵ月としたから
始まりは1日新月(朔)が大正月で、歳神様を迎える行事。 15日が満月(に近い)から、
農耕色の濃い小正月の行事を行った。 明治の改暦により、いわゆる旧暦から新暦に
変わり、本来の意味からは新暦の15日に拘る理由は無いと言える。

元々は、元服の儀式を小正月に行なっていた事から、成人の日をこの日にもってきた
経緯もあるので15日に拘りたいが、夏祭りも休みにあわせて変えているのが現実だ。
まちづくり委員会では、15日を魚沼市独自で小正月休みにして、雪国ならではの
伝統行事を伝承しようという意見が出ている。 多いに期待したい。

♪ ともし火近く 衣縫う母は 春の遊びの楽しさ語る 居並ぶ子どもは指を折り・・・

返信

*
*
* (公開されません)