株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

衣替え

今日は、新潟魚沼から入る尾瀬ルートが再開され記念式典が行われる。

毎年、6月1日に開通式を奥只見ダムサイトで行い、その後記念登山に出る。
魚沼ルートの魅力は、奥只見湖を遊覧船で鷹ノ巣の尾瀬口まで渡る湖畔の
景色を楽しみ、会津バスに乗り換えてブナの原生林の中を御池経由で
沼山峠登り口に至る。 

緩い登りが20分位、沼山峠からは下りで大江湿原のお花畑をゆっくり40分
行けば間もなく尾瀬沼長蔵小屋に到着だ。 尾瀬沼を挟んで向こう側には
至仏山がやさしく微笑み、振り返れば燧岳が聳える。
本格的な装備の人は燧にアタックする人たちだ。

登山といえば、5月29日はエヴェレスト(チョモランマ)記念日だった。
1953年のこの日、ニュージーランドの登山家エドモンド・ヒラリーと
ネパール人シェルパ、テンジン・ノルゲイの2人が初登頂した日だ。
この記念日の少し前、三浦雄一郎さんのニュースが入った。

プロスキーヤーで登山家のの三浦さんが80歳でエヴェレスト登頂に成功した。 
若くて屈強な人でも厳しいチャレンジなのに、80歳は世界最高齢記録だ。 
しかも70歳、75歳に続き今回で3度目というから驚異的だ。
某ウイスキーメイカーのゴマのお蔭だけでは成し得ない快挙だ。

1964年にスキーの速度を競う競技、キロメーター・ランセで172kmを出して
世界記録を作ったり、1966年にはパラシュートを背負い富士山直滑降をやったり、
1970年にはエヴェレストの8000m地点からの大滑降を成功させるなど、
当時から話題に事欠かなかった。

富士山直滑降の時に利用したブレーキ用のパラシュートからヒントを得て
パラグライダーは始まったといわれている。
来週末は恒例となった、鳴倉山を舞台に滑空するパラグライダーの大会が
今年も多くのファンを集めて盛大に行われることになっている。

堅香子の 花咲く北の越の野を おもひて雪の 消えん日を待つ (柊二)

返信

*
*
* (公開されません)