株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

新ナンバープレート

♪ もういくつ寝るとお正月 お正月には凧揚げて コマを回して遊びましょう

私が子供の時分、世間ではまだまだ年齢を数え年で表す風潮が残っていた。
年が明ければ自動的に1歳年齢が増える仕組みだ。私は1月生まれだから
何れにせよ数日後には満年齢でも1歳増えるのだが、小さな頃は数え歳が
理解できなかったが、母親の体内に生命が宿った時からの年齢だという。

30年間続いた平成天皇誕生日も来年までで、皇位継承後は2月23日になる。
明治天皇誕生日は11月3日で文化の日として残してきた。
昭和天皇もみどりの日から昭和の日に変わって残っているが、12月23日は
当面新たな祝日にはしない方針のようだ。

魚沼市、南魚沼市、十日町市、津南町、湯沢町の5市町ではご当地ナンバー
導入に向けて推進協議会を立ち上げ、このほど新ナンバー候補が決まった。
地域内の商工会、観光協会、青年会議所、農協そして住民参加も含め27人の
委員により協議した結果「雪国魚沼」ナンバーを国に申請する運びとなった。

私は観光協会の立場で参加したが、協議会長の林南魚沼市長の思いは観光振興や
地域振興に寄与し、未来のこの地域の一体感の醸成にも繋がると意欲的だった。
今まで新潟県では「新潟」と「長岡」の2種類だったが、ご当地ナンバー導入条件
が緩和されたことで、県内でも複数の地域が導入に向け取り組んでいる。

「雪国魚沼」ナンバーが新たに出来る事で、少なくても対象の5市町が一体の
地域としての意識を持つ効果は期待できる。観光を始め、買い物に医療や福祉など
日常の生活エリアも広域化している時代にあって広域圏での取り組みは重要だ。
地域外に対してもナンバーを通じて少なくても地域名は発信できる。

昨日は冬至。一年で昼時間が最も短くなる日だが、これからはどんどん昼が長く
なる一陽来復の日だ。今年も残すところ9日となり明日はクリスマスイブ。
市内の学校も冬休みに入り、スキー場も積雪に恵まれ賑やかになる事だろう。
1年の過ぎる早さに戸惑いつつ、今年も大過なくこれたことに感謝しよう。

今年が良かった人もあまり良くなかった人も来年に希望をつなぐ時期となった。