株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

衆議院解散

♪ 薄紅の秋桜が秋の日に 何気ない陽だまりに揺れている この頃涙 ・・・

秋の花コスモスは見頃が長く、夏の暑い頃から咲き始め今頃が最盛期になる。
魚沼市でも広神の上原(うわっぱら)高原が有名だし、小出公園をはじめ
市内のあちらこちらで見られる。 すっと伸びた可憐でしなやかな姿が
さわやかな秋風に身を任せ揺られている。

この所の景気回復期間が、昭和40年から57ヶ月続いたといわれる
「いざなぎ景気」を超えたと報じられた。 この前の東京オリンピックの
翌年から大阪万博の年まで続いた。 当時は新三種の神器などと呼ばれた
カー、クーラー、カラーテレビが人気で購買意欲は旺盛だった。

経済成長率も著しく、インフレ率も高かったことから給料も物価もどんどん
上がり、世の中は新しい電化製品やファッションなどモノによる豊かさ
で溢れていた。 食べ物やお菓子なども西洋化が進み、食堂や支那蕎麦屋が
レストランに変わり、コーラやスナック菓子が普及したのもあの頃だった。

あの好景気を期間で抜いたといわれても、それがどうしたという感じだ。
あの時代の大きく変わりゆく世の中は、みんなで夢や希望を語るに充分な
活力に満ち溢れていた。 期間よりも内容であり、僅かばかりの成長率が
持続したからと言っても実感はわかない。 

衆議院が解散し総選挙が行われる。 小池東京都知事の希望の党が選挙戦の
主役に躍り出た。 民進党が安倍政権を倒す事だけを目的に合流し、公認申請
するという。 時代の流れを読むのに長け、過去に何度も新党旗揚げに
関わった小池さんが、改革保守という分かりにくい方針で自公政権に挑む。

自民党に代わり政権を担える政党が見えない上、他党も政策本位で政党人を
育てないから、注目を集める小池新党が離合集散の受け皿となっている。
ここ数年、新党の流れは都市型だ。 我が国の課題である地方再生や国土の
均衡ある発展に取り組む地方重視の政策が見えてこないのはどうした事か。

10月4日は中秋の名月を迎える。 見事なお月様が見えるといいが。