株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

明治のカール

♪ ハァー 俺らがの方にも出かけて来いや 裏山にはわらびも出たで ・・・

6月に入り1日には例年通り魚沼から行く尾瀬ルートの開通式が行われた。
明日は自転車で初夏の魚沼路110kmを走りぬける「ロングライド魚沼」が、
来週末には鳴倉山でのハングライダー大会や南魚沼グルメマラソンも行われる。 
グリーン・シーズンの訪れを待って一斉に様々なスポーツイベントが始まる。

権現堂や鳥屋が峰の山開きも明日で、その後守門岳や浅草岳、越後駒ケ岳に
荒沢岳そして平が岳など徐々に標高の高い山々が始まる。
マイカーの普及と道路の整備により、登山口までのアクセスが容易になった
ことで誰でも気軽に山に入れるようになった。

ウエアーや装備も進化し、かつてウールやフランネルの重ね着で暖を取ったのが
フリースとウインドブレーカーだけで十分暖かいし、ビバークテントやコンロも
軽くて小型なものになった。 だから装備もコンパクトで昔のように大きくて重い
キスリングを背負っている姿はお目にかからなくなった。

こうした技術革新は私たちの身の回りのあらゆる分野に及ぶがとりわけIT分野が
短期間の内に著しい進歩を遂げた。 僅か十数年前には「スマートフォン」という
言葉もなかったが、今ではそれ以外をガラパゴスと呼ぶほど時代の流れは速い。
しかしそうした流れは当然の事ながら良い事ばかりを生むわけではない。

先日明治製菓のスナック「カール」が東日本での発売を終了するというニュースが
流れた。 コンビニ・チェーンが流通の主流になったことで、POSシステムの導入に
より、人気の売れ筋商品が日替わりで管理できる時代となり、売り上げの低い商品
は自動的に売り場から姿を消すこととなった。 残念だ。

個人的には明治製菓は好きだ。 板チョコの代名詞が明治ミルクチョコレートで、
アーモンドチョコレートも明治。 チェルシーや果汁グミ、ブルガリアヨーグルト
やプリンもそうだ。 加糖練乳のメリーミルクなど、時代に流されず、キワモノで
勝負しない、長い間同じ商品を販売し続ける営業姿勢には好感が持てた。

そうした不器用でかたくなな方針を貫く会社が再評価される時代が必ず来るだろう。