株式会社三友組 新潟県魚沼市の総合建設業

代表挨拶

 はじめに、私たち株式会社三友組(MIT)は新潟県魚沼の地に誕生して七十有余年、戦後の国家プロジェクトである電源開発による奥只見発電所の建設及びその関連工事で会社の礎を築き、以来土木・建築工事の設計、施工を通じて多くのお客様とのご縁をいただきながら事業を行っています。
近年国内では、大規模な自然災害が全国各地で集中的かつ誰にも予測できずに発生していますが、必要な整備がなされていないことで都度多くの犠牲伴っています。よって人々に国土の防災・減災、強靭化を進めるべきことが理解されていると考えます。加えて、高度経済成長期に造られたインフラが老朽化を迎え、今までと同様に利用するためには今後維持修繕、また更新をしていく必要があります。手入れの行き届かないことによる事故や起きてから対応していくのではなく、被害・被災のレベルを最小限にとどめるための必要な整備が今後国家をあげたプロジェクトとなることでしょう。また、私たちの住む魚沼は冬期には全国有数の豪雪地域であることから日々の暮らしの中で道路等の除雪作業が必需とされております。このような社会のニーズに今後も応えていくことで、地域の守り人として社会と共により良い未来の創造をすることが私たちの使命であります。
そして、その使命を全うするために弊社は経営理念として、「お客様第一」、「個性の尊重」、「地域貢献」を三本柱としてかかげております。ものづくりの精神で、創り上げた結果に対しての責任と共にプロセスを重視する活動をいつも心がけてゆきます。
むすびに、私たちは多様な価値観にも対応のできる豊かな人財を社内で育成し、技術革新のみならず、自然への感謝を決して忘れず、環境に配慮しながら、人々の暮らしに安全を提供することで、お客様のご要望に応えていけるよう研鑚してまいります。地域から信頼され続ける会社であること、それが三友組(MIT)です。


w-back